A&Nサイクルフレンド
よくあるご質問
自転車のメンテナンス

 

アクセスマップ

福岡県北九州市小倉北区清水2-14-13

営業時間

 【平日】10:30~20:00
 【日曜・祝日】10:30~19:00
定休日:毎週水曜日

2018年の活動

A&Nシリーズ 2018シーズン

第1戦

第2戦

第3戦

第4戦

第5戦

第6戦

第7戦

第8戦

第9戦

第10戦

2018 A&Nシリーズ 第4戦 【風師山ヒルクライム】

H30.6.10. スタート8時55分 天候 曇り 参加人数7名      

      2nd 中嶋 裕二         CHAMPION  井上 壮平         3rd ロバート サムナー     

ここ北部九州も梅雨入りして、レース当日の天気が心配でしたね。どんよりとした空模様でいつ雨が降り出してもおかしくない状況でしたが、レースに影響なく一安心。問題は「壱岐サイクルフェスティバル2018」と日程がかぶってしまい、前回に続き、参加者は7名と超寂しいレースとなってしまいました。しかも、毎年皆勤賞を狙っている選手たちがエントリー出来なかったため、この時点で皆勤賞を狙えるのは山下勝人選手ただひとりとなってしまいました。

それでは上位の結果発表です。1着は、井上 壮平選手が余裕の走りを見せました。2着は、最後まで粘るも追いつけなかった中嶋 裕二選手。前回に続き今季3度目の3着でゴールしたのはロバート サムナー選手、という結果でした。おめでとうございます。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

井上 壮平

12:22.35

31

57

4

2

中嶋 裕二

12:38.87

27

46

5

3

ロバート サムナー

13:00.14

22

66

3

4

山下 勝人

13:07.24

17

76

1

5

原 康記

13:19.21

18

18

14

6

井上 隆博

16:19.27

12

12

18

7

荒井 琢磨

16:29.39

12

12

18

スタート位置につく選手たち。


先頭に出たのは井上壮平選手。山下勝人選手がぴたりとマーク。


最後尾は、スタート直前までウォーミングアップしていた原選手。


スタートから約1.0kmの地点

     

最後尾から一気に先頭に躍り出た原選手がレースを牽引。この駆け引きが命運を左右する?


4番手にサムナー選手(赤ジャージ) 抑え気味の山下選手(中央左)、何かトラブルか? 初参加の荒井琢磨選手(右)、ガンバレ!


スタートから約2kmの地点

     

井上選手が先頭を奪還。まだゴールではないけどね。20M遅れて中嶋選手。ここでの失速はつらい原選手。


原選手の15M後方にサムナー選手。ジリジリと距離が縮まる感じ。ペースの上がらない山下選手。


 余裕でゴールをきめた井上壮平選手(中央白)。追い込めなかった中嶋選手(黒)。後半ポジションをあげて3着にサムナー選手(赤)。

距離の短い風師山コース。ペースを誤ったか山下選手(黄)は4着。原選手はスタミナ切れか?

無事にゴールしました。次回は7月1日、平尾台北側コースです。暑さとの闘いか!?




2018 A&Nシリーズ 第3戦 【平尾台南側ヒルクライム】

H30.5.6. スタート8時55分 天候 小雨 参加人数7名      

      2nd 山下 勝人         CHAMPION  中村 やすし         3rd ロバート サムナー     

ゴールデンウィーク最終日となったシリーズ3戦は、やはり参加人数が少なかったですね。天候も下り坂ですし、他の大会とバッティングしたりで

エントリーした選手は7名でした。そうなると、今季の皆勤賞を狙えるのはこの時点で6名となりましたね。

それでは、上位3選手の成績発表です。前回に続き、中村やすし選手がトップでゴールしました。2位との差は30秒以上でしたので、独走と言って良いでしょう。2着は、前回より1つ順位をあげた山下勝人選手。3着にはロバート サムナー選手が飛び込みました。おめでとうございます。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

中村 やすし

17:12.46

31

75

1

2

山下 勝人

17:45.58

25

59

2

3

ロバート サムナー

19:22.70

22

44

4

4

坂本 泰崇

20:56.80

18

34

6

5

水本 樹人

25:13.16

14

18

13

6

河本 宏和

25:34.82

16

28

7

7

三井 俊美

29:17.74

14

26

9

       スタートを待つ選手たち。ポツポツと雨が降り出してきました。


       いつもなら長蛇の列ですが、今回は・・・。


スタートから約1.5kmの地点

     

       抑え気味にスタートした中村選手が、既に先頭。2番手はサムナー選手。背後に山下選手。少し遅れて坂本選手


スタートからゴールまでこのこのフォームでペダルを回す水本選手。カメラにニッコリ、河本選手。しんがりはマウンテンで三井選手。


スタートから約3kmの地点

     

       トップは依然中村選手、2番手はサムナー選手から山下選手に代わった。追い込めるか坂本選手。


ゴール手前約1kmの地点

     

       既に勝利を確信した中村選手のピース。50M差の山下選手、獲物(誰もサルとは言っていない)の姿は見えているが・・・。


       ゴール付近はかなり雨が降って、路面も滑りやすくなっていたが、全員無事にゴール。お疲れさまでした。


      次回は、6月10日風師山コース。沢山の参加をお待ちしてます。


2018 A&Nシリーズ 第2戦 【平尾台北側ヒルクライム】

H30.4.8. スタート8時55分 天候 晴れ 参加人数28名      

      2nd 井上 壮平         CHAMPION  中村 やすし         3rd 山下 勝人     

シリーズ2戦のコースは、全長約4.1キロの平尾台北側斜面となりました。先週はポカポカで、半袖でも過ごせそうでしたが、週末が近づくにつれ冬に逆戻りとなり、金・土は冷たい雨。レース当日、天気は回復しましたが、寒かったですねぇ。こんな天気ですから桜はすっかり散ってしまったのは残念。

参加選手は、28名ですので、ちょっと多めですが、春の行楽シーズンなので、交通量も多かった。特に工事区間などはなかったので、コースコンデションとしては、まあまあと言ったところでしょうか。

それでは、上位選手の発表です。1着は、前回の完全リベンジを果たした中村やすし選手がトップでゴール。2着は、中村選手にピタリと追従していた井上壮平選手。レース後半まで第二集団の後方で足をためていた山下勝人選手が、ゴール手前でしっかり追い込み3着でゴールしました。山下選手は終始冷静に計算した走りに徹していたように見えましたね。それに比べて1・2着の選手、上の写真を見る限り、あまり考えているようには見えない・・・。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

中村 やすし

13:41.61

31

44

2

2

井上 壮平

13:55.56

26

26

6

3

山下 勝人

14:38.12

20

34

4

4

中嶋 裕二

14:41.82

19

19

9

5

林 哲平

14:45.28

15

46

1

6

井上 浩基

14:53.76

12

37

3

7

中村 悠太

15:05.95

10

27

5

8

姫野 茂美

15:07.71

12

12

16

9

松本 義則

15:07.94

9

9

23

10

前田 典郎

15:22.05

10

10

21

11

吉田 達也

15:38.02

6

16

12

12

坂本 泰崇

16:34.18

6

16

12

13

井上 好徳

16:39.42

10

19

8

14

古島 義知

17:43.56

6

17

10

15

松石 竜

18:16.50

2

2

31

16

井上 万里江

18:20.66

7

17

10

17

水本 樹人

18:43.46

2

4

29

18

古川 弘典

19:04.28

4

10

17

19

矢野 朋宣

19:19.52

3

6

25

20

岩吉 ちひろ

19:24.71

7

7

24

21

鈴木 次郎

19:37.27

6

6

26

22

手嶋 秀夫 

19:59.70

5

10

17

23

森園 悟 

20:11.89

3

3

30

24

河本 宏和 

22:52.71

6

12

14

25

黒木 健一郎 

23:08.20

5

10

17

26

三井 俊美 

24:08.88

6

12

14

27

中村 和義 

25:06.57

5

10

17

28

古川 雅也 

27:38.89

5

5

28

       寒いけど、元気な選手たち。あれ?河本選手、自転車は?


       一斉スタート。飛び出したのは井上選手。続くのは松石選手に林選手。


       井上壮平選手(中央白ジャージ)は抑え気味のスタート


スタートから約1.5kmの地点

     

       3選手によるトップ集団。先頭は中村やすし選手、2番手に上がって来たのは井上壮平選手。3番手は井上浩基選手


       散らばりつつある第2集団の6選手


       集団を形成しつつある後方の選手たち。山下勝人選手(右黄ジャージ)は10番通過


       競輪ヘルメットは、目立つしとてもカワイイ


       徐々に勾配がきつくなってきたが、まだまだ前半。がんばれ!


      ゴール手前約1.5kmの地点

     

       先頭は、いぜん中村やすし選手、後ろからプレッシャーをかける井上選手。この状態でゴールまで一騎打ちか!?


       先頭の2選手(赤丸)からちぎれた井上浩基選手(右下)、後方には大きな集団! それをけん引するのは林選手。


       全員のゴールシーンと思ったら6着の井上浩基選手がいないじゃん _(._.)_  代わりに粟津さんの写真を・・・これで28選手?


      次回は、平尾台南側。ゴールデンウィーク最終日。もしかしたらポイントを稼ぐビッグチャンスかも?



2018 A&Nシリーズ 第1戦 【合馬ヒルクライム】

H30.3.18. スタート8時55分 天候 晴れ時々曇り 参加人数21名      

      2nd 井上 浩基       CHAMPION  林 哲平       3rd ロバート サムナー      

2018年 A&Nシリーズの幕開けです。初回はタケノコの里で有名な合馬コース。今年の冬はとても寒かったけど、このところ春らしい陽気となってきました。まあ、麓はポカポカしていましたが、ゴール付近の山間部は、ヒンヤリとしていましたね。

それでは、第1戦の成績発表です。1着は林 哲郎選手。花粉症でしょうか、マスクをしての表彰写真となりましたが、キッチリ30ポイントをゲット。2着は、井上 浩基選手。いつも成績上位の選手です。確か昨シーズンは、2着と3着が1回ずつでしたね。今年は、尻を叩かれて飛躍できるでしょうか? 3着は、シリーズ初参加のロバート サムナー選手。異常に高いサドルに跨る長身の足長オジサンです。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

林 哲平

11:17.54

30

31

1

2

井上 浩基

11:21.29

25

25

2

3

ロバート サムナー

11:23.69

20

22

3

4

中村 悠太

11:31.78

20

17

4

5

山下 勝人

11:52.08

17

14

5

6

中村 やすし

12:18.71

17

13

6

7

吉田 達也

12:29.50

12

10

8

8

坂本 泰崇

12:54.05

11

10

8

9

古島 義知

13:00.13

12

11

7

10

阿部 英斗

13:41.16

10

10

8

11

松尾 靖也

13:51.18

7

6

13

12

井上 万里江

14:04.08

9

10

8

13

古川 弘典

14:16.05

8

6

13

14

井上 好徳

14:16.32

7

9

12

15

矢野 朋宣

14:27.45

7

3

20

16

手嶋 秀夫

15:32.25

7

5

17

17

水本 樹人

16:24.65

5

2

21

18

河本 宏和

16:43.05

2

6

13

19

黒木 健一郎

16:55.54

2

5

17

20

三井 俊美

17:27.63

2

6

13

21

中村 和義 

18:37.48

2

5

17

       初回は、ジュニア選手の姿が少なかったですね。その分、先頭中央に陣取る阿部英斗選手(黄ジャージ)は、存在感があります。


いつも通り、車の切れ目をねらって、スタート。今回は、21名の選手が出走しました。


スタート直後、上位を狙う選手が一気に加速

     

      スタートから約1キロの地点

     

トップは林選手(通過)。ピタリと張り付くロバート サムナー選手。写真では見えませんが、20M後方で中村やすし選手がチェーントラブルでストップ。トップを狙える選手だけに、3キロコースでは、致命的か⁉


      中盤を過ぎ、ゴール手前約1キロの地点

     

      林選手が引くトップ集団は4選手。井上選手が2番手、4番手に中村 悠太選手。100M遅れて山下勝人選手(左)と吉田達也選手


       写真左上から順番にゴール。3段目の左から3枚目、水本選手(赤ジャージ)は、今日が誕生日だそうです。『おめでとう』


次回2戦は、4月8日 コースは、平尾台北側に集合!