A&Nサイクルフレンド
よくあるご質問
自転車のメンテナンス

 

アクセスマップ

福岡県北九州市小倉北区清水2-14-13

営業時間

 【平日】10:30~20:00
 【日曜・祝日】10:30~19:00
定休日:毎週水曜日

2021年の活動

2021 A&Nシリーズ 第3戦 【平尾台北側ヒルクライム】

2021.7.11. スタート8時30分 天候 晴れ 参加人数19名      

      2nd 井上 壮平           CHAMPION 藤原 正貴             3rd 江越 大地      

シリーズ3戦の舞台は平尾台の北側斜面です。梅雨末期のこの時期、全国で豪雨災害がコロナ同様に報道されて天気が心配でしたが、不安定ながらもレース開催中は「もう夏だねぇ」といった感じでした。福岡県のまん延防止期間がようやく解除されたこともあり、参加選手も少しだけ増えましたね。今回は19名の選手がエントリーしました。

それでは上位3選手の発表です。1着は、好記録をたたき出した藤原 正貴 選手。前回2着からのリベンジです。2着は前回完全復活をみせた井上壮平選手。3着は江越大地選手。江越選手はシリーズ1回目の勝者でした。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

藤原 正貴

12:45.66

30

80

1

2

井上 壮平

13:03.01

27

80

1

3

江越 大地

13:10.99

20

50

4

4

井上 浩基

13:27.26

17

34

8

5

伊藤 翼

13:31.65

14

45

5

6

西山 信広

14:09.44

14

52

3

7

山下 勝人

14:21.41

11

22

11

8

姫野 茂美

14:25.14

12

40

6

9

堀田 義勝

14:43.54

10

34

7

10

坂本 泰崇

15:02.17

9

20

12

11

谷村 康寿

15:47.68

7

17

13

12

安藤 剛之

15:51.34

6

6

20

13

ロバート サムナー

16:25.26

6

24

10

14

義経 晋仙

16:34.39

4

12

15

15

河本 宏和

18:17.83

7

14

14

16

野崎 周人

18:18.53

5

5

21

17

岩吉 ちひろ

19:10.06

7

7

18

18

荒井 琢磨

21:57.29

5

5

21

19

加藤 治樹

23:48.53

8

26

9

       もうすぐスタートです。安全第一の走行を心がけて下さいね。

       一斉にスタートしました。今回は紅一点、岩吉選手(写真右下)も参加しています。

      スタートから約1.5キロの地点

     

       レース前半、小さくポジションを変えつつもまだ大きな差は無い状況が続きます

      スタートから約3キロの地点

     

       藤原選手がロングスパートをかけた様子。ほぼ30Mの間隔で3選手が通過しました。

      2nd 井上 壮平           CHAMPION 藤原 正貴             3rd 江越 大地      

       選手19名全員が無事にゴールしました 

       今シリーズは5戦ですので、中盤を折り返しました。次回はちょっと先の8月22日平尾台の行橋側からスタートです



2021 A&Nシリーズ 第2戦 【畑ヒルクライム】

2021.6.27. スタート8時30分 天候 晴れ 参加人数13名      

      2nd 藤原 正貴           CHAMPION 井上 壮平             3rd 西山 信広      

シリーズ2戦は、福岡県に出された緊急事態宣言の影響で日程が6月13日から27日に変更となりました。大会当日もまだ蔓延防止期間なので、参加選手は少な目でしたが、ちょうど梅雨の中休みで天気は良かったですね。

それでは上位3選手の成績発表です。1着は、昨年の悪夢から完全復活を果たした井上壮平 選手。あの時はまさかの失神->落車->救急車でしたので井上選手にとってこのコースでの勝ちには強いこだわりがあったことでしょう。2着は藤原正貴 選手。井上選手と先頭を競っていましたが、第1戦に続き、今回も2着でした。安定していますね。3着は西山信広 選手。今回は息子さんとの参加でした。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

井上 壮平

11:18.94

32

53

1

2

藤原 正貴

11:21.48

25

50

2

3

西山 信広

11:22.16

22

38

3

4

井上 浩基

11:22.85

17

17

10

5

伊藤 翼

11:37.10

14

31

4

6

堀田 義勝

12:01.77

14

24

7

7

姫野 茂美

12:11.18

13

28

6

8

坂本 泰崇

13:10.16

11

11

11

9

ロバート サムナー

13:29.61

10

18

8

10

波多野 玄

15:12.13

7

7

17

11

矢野 朋宣

15:14.44

8

8

14

12

西山 佳秀

16:45.98

8

8

14

13

加藤 治樹

17:42.31

10

18

8

       スタート3分前でーす。

       まずは飛び出したのは井上壮平 選手。続くのは波多野玄 選手

      スタートから約1キロの地点

     

       先頭で引っ張るのは伊藤翼選手。徐々に張り付いていた選手に遅れが出始めています

      スタートから約2キロの地点

     

       この地点では藤原選手が先頭を走っています。井上選手は体力温存。第2集団は西山信広選手、井上浩基選手、伊藤翼選手の順

       完全復活をアピールするゴールを見せた井上壮平 選手。お見事でした。

       峠を登り切ったところがゴールです。選手たちは全て出し切れたでしょうか

       2戦の予定は変更となりましたが、3戦はそのまま日程変更ありませんので、2週間後の7月11日平尾台北側です。



2021 A&Nシリーズ 第1戦 【合馬ヒルクライム】

2021.5.9. スタート8時30分 天候 晴れ 参加人数17名      

      2nd 藤原 正貴           CHAMPION 江越 大地             3rd 井上 壮平      

A&Nシリーズ2021年の開幕です。昨年に続き、今年も新型コロナの影響は大きく、シリーズ10回戦のところを半分の5回戦に少なくしての開催となりました。しかも、ここ福岡県は感染拡大が著しく、5月12日より緊急事態期間となることも決定しており、この先どうなるのか不安ですね。

1戦目は昨年同様タケノコの里、合馬コースです。既に初夏の陽気ですね。感染を警戒しつつも17名の選手がエントリーしてくれました。

それでは、初戦の成績発表です。1着は江越 大地選手。昨年の最終戦に続き連覇です。タイムも良かったですね。2着は、藤原 正貴選手。九工大サイクリング部のジャージを着てますね。3着は井上 壮平選手。昨年の転倒からのお立ち台に返り咲きです。おめでとうございます。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

江越 大地

10:05.36

30

30

1

2

藤原 正貴

10:33.94

25

25

2

3

井上 壮平

10:36.26

21

21

3

4

伊藤 翼

10:57.23

17

17

4

5

西山 信広

11:13.36

16

16

5

6

姫野 茂美

11:29.77

15

15

6

7

山下 勝人

11:44.95

11

11

7

8

谷村 康寿

11:52.56

10

10

8

9

堀田 義勝

11:59.73

10

10

8

10

義経 晋仙

12:20.90

8

8

10

11

ロバート サムナー

12:47.79

8

8

10

12

北村 祐人

13:16.47

5

5

14

13

市原 康平

13:56.35

4

4

15

14

平石 敦也

14:26.51

3

3

17

15

河本 宏和

14:50.52

7

7

13

16

森園 悟

15:55.20

4

4

15

17

加藤 治樹

17:18.89

8

8

10

       スタートギリギリまでマスクをしている選手もいますね。間隔も十分にとっています。

先頭にたったのは江越選手と西山選手

後方の選手はちょっと出遅れましたかね。

ゆるい登りのカーブから入ります。既にトップと最後尾は50Mほどあるようです。


      スタートから約1キロの地点

     

突然、靄か霧のようですが、これは煙です。近くて藁をボウボウ燃やしてました。

この日はGW最終日?と言っても良いのでしょうか。交通量が多かったので、後方からの車にも神経を使います。後方を確認する河本選手。


       1着は江越選手 2着の藤原選手とは約30秒もの差がありました。3着は井上選手


       17選手のはずですが、ひとり多いですね。

       新型コロナの影響で昨年の忘年会が中止となり総合成績トップ10の選手に副賞がお渡し出来なかったので、

今回参加した選手だけですが、この場で授与式をおこなうことになりました。

       下の写真は皆勤賞の授与式です。3選手ともダブルでゲットしてます。

次回2戦は、緊急事態宣言解除後の6月13日です。まさか延長はないと思いますが・・・。