A&Nサイクルフレンド
よくあるご質問
自転車のメンテナンス

 

アクセスマップ

福岡県北九州市小倉北区清水2-14-13

営業時間

 【平日】10:30~20:00
 【日曜・祝日】10:30~19:00
定休日:毎週水曜日

2017年の活動

第1戦

第2戦

第3戦

第4戦

第5戦

第6戦

第7戦

第8戦

第9戦

第10戦

2017 A&Nシリーズ 第5戦 【風師山 ヒルクライム】

H29.7.2. スタート9時00分 天候 晴れ 参加人数18名      

2nd 石橋 慧悟         CHAMPION  中村 やすし         3rd 原 康紀

7月に入り、いよいよ夏本番を迎えました。今年は空梅雨で水不足が心配されていますが、レース当日は晴れてホッとしましたね。ここ風師山は、路面状態の悪い箇所が多く、アスファルトが枯葉とコケで覆われたエリアがあちこちにあります。水分を含んだ枯葉とコケは、自転車にとっては恐怖のトラップですね。ただ、風師山は3キロほどの短めのコースですが、その分勾配はかなりきついものの、山頂まで来ると関門海峡から彦島の先までの絶景が見渡せて、気分爽快です。

それでは、成績発表とまいりましょう。1着は、前回に続き中村やすし選手が連覇しました。表彰式の写真を撮る際、快感を感じていたようで、カメラを向けると「エクスタシー」と呟いていました。写真はヨダレを垂らしているように見えますが、光のイタズラです。2着は石橋慧悟選手。既にお立ち台の常連となりました。3着は原康紀選手。今季初参加ですね。おめでとうございます。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

中村 やすし

11:34.0831627

2

石橋 慧悟

12:51.8028862

3

原 康記

13:03.93242417

4

井上 浩基

13:30.5517684

5

坂本 泰崇

13:50.8815655

6

松石 竜

14:15.0513646

7

椿 啓久

14:23.40161624

8

阿部 静香

14:42.8414891

9

丸谷 裕二

15:29.95103711

10

鈴木 次郎

15:53.32111722

11

古川 弘典

16:44.8483113

12

森園 悟

16:55.4062018

13

井上 悠喜

17:19.71131327

14

井上 雄之

17:45.224435

15

田中 喬

17:53.942236

16

水本 樹人

19:19.7121623

17

河本 宏和

19:40.8161228

18

三井 俊美

19:58.1163910

 


スタートで、飛び出したのは石橋選手、すぐ後ろに小さな巨人!?井上悠喜選手の姿がっ! 果敢に責める8歳

強い日差しを受けて選手たちは山頂を目指します。


◆◆ 中間地点 ◆◆

トップは、中村やすし選手。距離を詰めたい石橋選手が追従するも、すぐ背後には原選手が接近中!


ジュニア選手の登竜門?になりつつあるのか、A&Nシリーズ。参加選手の平均年齢がグッと下がっています。2番手を走る石橋選手が14歳。写真左上、緑ジャージの松石選手は16歳。その下の赤いジャージの椿選手が12歳、そして下中央の井上選手が8歳。  

 

ゴールは、風師山の山頂付近です。トップ3選手は早すぎて撮影間に合いませんでした。ごめんなさい。


お疲れ様でした。次回6戦は、少し先の8月27日 平尾台(北側)です。


 

2017 A&Nシリーズ 第4戦 【平尾台(南側)ヒルクライム】

H29.6.11. スタート8時55分 天候 曇り 参加人数17名      

2nd 林 哲平      CHAMPION  中村 やすし     3rd 石橋 慧悟

ここ北九州は、数日前に梅雨入りしたものの、一向に雨が降らない天気が続いていましたが、昨晩からパラパラと降り始め、明け方には豪雨となりました。雨の影響か、参加選手は17名と少な目でしたが、レース開催時間には、すっかり天気も回復し、路面も一部はウエットでしたが、梅雨時季のレースとしては、まずまずのコンディションとなりました。

それでは、上位3選手の成績発表です。1着は、ブッチギリで中村やすし選手。2位とは1分以上の差でゴール。2着は、林哲平選手。ゴール手前1キロあたりまでは、石橋選手と競り合っていましたが、最後はしっかり引き離してゴール。3着は、ラストで失速した石橋慧悟選手。スタミナ切れか何かトラブルがあったのかは定かではありませんが、次回、大いに期待しましょう。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

中村 やすし

15:56.24313111

2

林 哲平

17:10.5825851

3

石橋 慧悟

17:52.7824583

4

姫野 茂美

18:27.7620574

5

井上 浩基

19:07.7314516

6

松石 竜

19:16.2913515

7

阿部 英斗

19:25.31153310

8

坂本 泰崇

19:38.2010507

9

高石 将太郎

20:01.238826

10

阿部 静香

20:06.5312752

11

丸谷 裕二

22:16.8482715

12

古川 弘典

22:57.8772316

13

岩吉 ちひろ

23:15.3593012

14

三井 俊美

25:24.227339

15

手嶋 秀夫

26:00.4851818

16

古川 雅也

28:56.8752714

17

山本 省剛

31:27.247727

スタート3分前。17名の選手がスタートラインに並んだ  


路面はすでの乾きつつある。先導車?粟津さんのスカイラインを追う選手たち。注目の中村選手は後方からゆっくりスタートしていた。


◆◆ スタートから1キロ付近 ◆◆

早くも先頭に踊り出たのは、大本命の中村やすし選手(左上)。離されまいと林選手、石橋選手が喰らいつく。


◆◆ 中間地点(約2キロ) ◆◆

上の写真中央は、時の人 阿部英斗選手(黄色ヘルメット)。先月、めんたいワイド90分特別版で、下段左の「パワフル母ちゃん」こと阿部静香選手の息子として密着取材をうけてテレビに登場。取材班も、もちろん見ましたよ。「感動をありがとう!」 反抗期の終わった英斗選手も中学生になりたくましくなった。たくましいと言えば、英斗選手の背後に迫る松石選手(16歳)は、最近10キロ減量してグッと引き締まったアスリートらしい体つきに変貌している。

  

ゴール手前1キロで、先頭は中村選手が独走。2番手に林選手、そのすぐ後ろを石橋選手が追従するも、かなり苦しそうな表情。

それに比べて中村選手は笑っているのか??? 恍惚の表情にも見える。レースの最中にこの表情は、かなりヤバイ 


全員無事にゴール! お疲れ様でしたぁ。選手たちの背後は、カルスト台地では無く、キャベツ畑


次回は、7月2日 風師山です。雨、降りませんように! 


 

2017 A&Nシリーズ 第3戦 【畑ヒルクライム】

H29.5.7. スタート8時55分 天候 晴れ 参加人数11名      

      2nd 阿部 静香   CHAMPION  林 哲平   3rd 松石 竜     

シリーズの第3戦は、近年まれにみる参加選手の少ないレースとなりました。ゴールデンウィークの最終日とあって、他のレースや催し、家族サービスに分散されたようです。天候は、穏やかな初夏の空がひろがり、レースコンディションとしても良い状態です。この状況を好機ととらえた選手がガッチリとポイントを稼いだようです。

それでは、上位3選手の成績発表です。1着は、安定の走りで林哲平選手。そして2着は、阿部静香選手。女子選手として2着は快挙ですね。実は阿部選手、今回参加人数が少ないことを読み、トップでのゴールを密かに狙っていたようです。誤算は、林選手の参加。それでも総合成績では、トップに躍り出ました! 恐るべし戦略家ですね。3着は松石 竜選手。ゴールまで坂本選手とつばぜり合いを続け、見事な刺しを見せてくれました。松石選手は、初のお立ち台ですね。おめでとうございます。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

林 哲平

12:32.05

30

60

2

2

阿部 静香

13:32.90

30

63

1

3

松石 竜

13:55.56

21

38

5

4

坂本 泰崇

13:55.90

18

40

4

5

古川 弘典

14:47.86

16

16

17

6

丸谷 裕二

15:52.53

14

19

14

7

森園 悟

15:55.62

11

14

18

8

三井 俊美

16:43.89

13

26

10

9

大池 孝志

16:44.47

9

12

23

10

古川 雅也

17:58.11

10

22

11

11

黒木 健一郎

18:03.97

9

19

13

いつもの半分以下の参加人数ですが、ポイントを稼ぐには絶好のチャンス  


車の切れ目をねらって一斉にスタート。飛び出したのは林選手 

交通量は多いのですが、コースコンディションは悪くないですね。 


◆◆ スタートから1キロ付近 ◆◆

先頭は、林選手。ピタリと張り付く阿部静香選手(黄色ジャージ)。3番手は坂本選手(赤ジャージ) 


◆◆ 中間地点(約2キロ) ◆◆

先頭は林選手、60M離されて阿部選手。3番手の坂本選手の背後に松石選手があがってきました。 

左から古川弘典選手、丸谷選手、森園選手、三井選手、大池選手の順に通過 


全員無事にゴール! お疲れ様でしたぁ。



  

 

2017 A&Nシリーズ 第2戦 【平尾台北側ヒルクライム】

H29.4.9. スタート9時00分 天候 曇り 参加人数25名      

      2nd 村田 明弘   CHAMPION  石橋 慧悟   3rd 山下 勝人     

シリーズの第2戦は、平尾台の北側コースです。路肩の工事期間が4月末までの案内となっておいたので、スタートが困難になると予想していましたが、路肩の修復工事もほぼ終わっており、レースに支障をきたすことが無かったのはラッキーでした。ただ、工事区間は無いものの、ちょうど桜が満開状態で、行楽客の車がとても多かったですね。選手たちは、安全を最優先にレースを楽しむことが出来ました。

今回は、ジュニア選手の走りに、シニアの選手たちが驚かされる結果となりました。今後も大いに活躍して欲しいですね。それではレースの上位3選手の発表です。1着は、石橋 慧悟 選手。30秒の差をつけて、ぶっちぎりの優勝でした。2着は、初参加の村田 明弘 選手。石橋選手と同じ14歳です。村田選手はキャリアも1カ月程度というので、末恐ろしいですね。3着には、常連の山下 勝人 選手 という結果でした。おめでとうございます。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

石橋 慧悟

14:23.22

34

34

5

2

村田 明弘

14:52.77

29

29

8

3

山下 勝人

14:54.60

20

45

1

4

井上 浩基

15:21.14

17

37

2

5

姫野 茂美

15:31.79

17

37

2

6

阿部 英斗

16:02.34

18

18

12

7

坂本 泰崇

16:12.57

11

22

9

8

阿部 静香

16:24.31

14

33

6

9

井上 好徳

16:49.32

14

14

15

10

水本 樹人

17:23.32

7

14

14

11

松石 竜

17:36.53

7

17

13

12

福田 英俊

17:48.82

7

7

21

13

古島 義知

18:19.16

7

7

21

14

丸谷 裕二

18:40.89

5

5

25

15

井上 万里江

18:55.67

7

18

11

16

森園 悟

19:08.54

3

3

26

17

鈴木 次郎

19:21.30

6

6

23

18

大池 孝志

19:41.54

3

3

26

19

河本 宏和

20:01.25

6

6

23

20

岩吉 ちひろ

20:15.55

7

21

10

21

手嶋 秀夫

20:29.65

5

13

16

22

三井 俊美

21:23.97

6

13

16

23

黒木 健一郎

21:25.76

5

10

20

24

東谷 憲治

22:21.91

7

14

14

25

古川 雅也

25:47.00

5

12

18

      スタート3分前。気合十分の選手たち    

      スタート3分前。気合十分の選手たち    

路面は少しウエット、交通量が多いので車には要注意。


      スタートから1.5キロ付近

     

先頭は石橋選手(写真一番左)20秒遅れて2番手は、混戦模様

     

日陰を出ると路面状態は良好。でも、車の接近に注意


      大きな声援を受けて、ペダルに力が入る選手たち

ゴールでは、様々な表情を見せる選手たち     

満開のサクラをバックに記念撮影 


   

2017 A&Nシリーズ 第1戦 【合馬ヒルクライム】

H29.3.26. スタート9時00分 天候 晴れ 参加人数18名      

      2nd 山下 勝人    CHAMPION  林 哲平    3rd 井上 浩基     

3月26日(日)の空は快晴です。 いよいよ、2017年 A&Nシリーズが開幕しました。初戦のコースは合馬ヒルクライム。最近、合馬のタケノコのググーンと知名度が上がってきたのでしょうか、例年以上にタケノコを買いに集まってくる車が増えたような気がします。地元としては喜ぶべきなのでしょうが、交通量が増えると、少し心配ですね。選手は無理をせず、安全に走行して下さい。

さて、それではレースの上位3選手の発表です。栄えある初戦は、林 哲平選手 が見事に1着でゴールしました。2着には、山下 勝人選手、そして3着は井上浩基選手 という結果でした。おめでとうございます。

順位・走行タイム・ポイント

順位

選 手 名

走行タイム

ポイント

年間総合ポイント

総合順位

1

林 哲平

11:12.09

30

30

1

2

山下 勝人

11:23.38

25

25

2

3

井上 浩基

11:51.07

20

20

3

4

姫野 茂美

12:22.14

20

20

3

5

阿部 静香

12:34.46

17

17

5

6

松尾 靖也

12:42.41

12

12

6

7

坂本 泰崇

12:48.79

11

11

8

8

岩吉 ちひろ

13:12.24

12

12

6

9

松石 竜

14:05.19

10

10

9

10

水本 樹人

14:23.56

7

7

13

11

井上 万里江

14:38.12

9

9

10

12

手嶋 秀夫

15:50.68

8

8

12

13

古川 雅也

16:00.22

7

7

13

14

三井 俊美

16:11.53

7

7

13

15

東谷 憲治

17:01.70

7

7

13

16

黒木 健一郎

17:04.87

5

5

16

17

下畑 尚弥

17:40.01

2

2

17

18

三井 佑治郎

27:17.03

2

2

17

      もうすぐスタートです。参加選手は18名 まだまだ余裕がありますね。

     

午前9時、車の切れ目を狙って、一斉にスタートしました。


スタート直後は、緩やかなカーブが続きます。

     

      スタートから1キロちょっとの地点

     

先頭は山下選手、並走するのは井上選手


      コースの左右には竹林がひろがります。

最前列は、A&NのNewジャージ クールなデザイン